現在はたくさんの方々がインスタ、facebook、ツイッター、アメブロなど、複数のSNSを活用されていますよね。
どれも無料で、しかもWebを通じて全国へ情報を発信することができる便利なツールです。

では、ホームページはどうでしょう?
所有して活用されていますか?

「ホームページはお金もかかるし…SNSで情報発信しているから今は要らないわ」

以前、とあるセミナーでお会いしたネイリストの方が言われた言葉です。
その時私が返した返事が、今回の記事タイトル-。

そもそもSNSとホームページは「役割」が違います。

-「エア デザイン」

今日はその違いとそれぞれの役割について書いていきます。

 

SNSの役割とは

facebookやインスタ、ツイッターなどのSNSは、「いま」を伝えることに長けています。

スマホで写真を撮る女性

「今日は◯◯でレッスンを開催しました!」
「新しい作品のご紹介です!」
「テレビで紹介されてた◯◯のランチ、いいよ!」

などなど。
SNSで発信する内容は、自分のまわりで起こった直近の情報であったり、自分がその時に感じた思いなどが多いですよね。

手軽にスマホから発信できるので、発信頻度も高まります。
発信頻度が高まれば、当然目に止まる回数も増えますし、活動していることをアピールすることができます。

つまり、SNSは「広告」のような役割と言えます。
一昔前はテレビやラジオにお金をかけて出すしか方法がなかったのが、現在はWebを通じて無料でカンタンに広告が出せるわけです。

SNSの情報は「流れる」

そんな便利なSNSですが、特性を踏まえて情報発信する必要があります。
基本的にSNSの情報は「流れる情報」と言われています。

「タイムライン」という言葉をご存知ですよね。
まさしく時系列で情報が表示されていく縦スクロールの形式ですが、SNSのほとんどはこの「タイムライン形式」での発信です。

インスタグラムをスマホから見る女性

スマホでSNSを見ている時に、人差し指で画面を下から上へスルスル〜っとやりますよね?
そして写真と数行の文章を読んで「いいね!」を押して、またスルスル〜

この動作のなかで、一つの記事を読むのにかけている時間はおそらく数秒でしょう。
そして一度上に送ってしまった情報を再度読むのは、探すのに手間がかかってしまいます。
一期一会ならなおさらです。

ですので、SNSは「いまの自分を伝える広告」と捉えるのがベストです。

ここでどれだけ良い文章やメニュー内容、提供価格などを載せても、読んでもらえる確率は低いと言えます。
稀に長文を載せている方も見かけますが、すでにその業界では有名な人物であったり、しっかりした内容・画像・レイアウトを意識して投稿しなければ、やはり興味を持ってもらえる確率は低いでしょう。

ホームページは「SNSからの受け皿」

SNSが「自分の広告」の位置付けであるとするならば、ホームページはその広告からたどり着く「受け皿」のような役割です。

スマホとパソコンを見る女性

一連の流れとしては、以下のような感じです。

「この人の投稿、おもしろいな」

(プロフィールページに移動する)


「こんなことやってる人なんだ。

あ、セミナーとかもやってる」

(その他の投稿、過去に掲載した画像を見る)


「こんなレッスンもやってたんだ!

いまはやってないのかな?」

(さらに過去記事、他へのリンクを探す)


「あ、ホームページあるんだ!

ちょっと見てみよう!」

(リンク先のホームページを見る)

つまり、SNSで普段の自分を発信し、興味を持ってくれた方をホームページへ案内する。

そこで自分の行っていること、世界観を最大限に伝える。

当然ですが、ホームページの情報はSNSのように「流れる情報」ではありませんし、無料ツールではないので余計な広告や不要な情報も入りません。

さらにホームページ内でブログを書いておけば、来てくれた方はそれらの記事を読んでくれるでしょう。
伝えたいことも、提供内容も、しっかり伝わりますよね。

SEO的にも望ましい

SEOとは、平たく言うと「グーグルの検索結果の上位に表示させる仕組み」のようなものです。

SEOにはたくさんの「こうした方が上位に表示されやすいよ」といった仕組みがあり、その中には「良質な記事がたくさんあること」も含まれます。

次の情報を見るためにクリックする=「このホームページはたくさんの記事がある」
ホームページ内での滞在時間が長い=「ユーザーにとって有意義な情報がある」

このような判断で、SEO的には望ましい結果となります。

このSEO対策はほんの一部なので、これだけで一気に検索上位に表示されることはありません。
ですが同じことをSNSでやっても、SNSの投稿がグーグルの検索結果上位に上がることはほぼありません。

理由はもうお分かりですよね。

まとめ

いかがでしたか?
SNSとホームページの「役割」について、ご理解いただけたでしょうか?

SNSは「いまを伝える広告のような役割」
ホームページは「SNSからの読者を受け止め、自分の思いや世界観を伝える役割」

SNSもホームページも、それぞれ必要なツールです。
それぞれの役割を踏まえた上で、Web活用してくださいね。