前回は「SNSとホームページは『役割』が違う」という記事を書きました。

それぞれの役割の違いを知り、適性を踏まえて情報発信を行っていくことで、そこからご自身のファンが増えていきます。

「違いはわかったけど、現状そんなに困ってないし…

それでもホームページって必要なの?

こういったお声も聞こえてきそうですよね。

確かに、現状ですでに十分な自分のファンを獲得していて、これ以上の集客が必要ない方であれば、ホームページの必要性は感じられないかもしれません。

ただ、もしそうでないのであれば、ホームページは絶対持っておいたほうが良いです。
むしろ、持っていないことのデメリットが大きいといっても過言ではないかもしれません。

今回は個人サロンや女性起業家にとって、ホームページを持っていないことによるデメリットについて書いていきます。

 

ホームページを持った方が良い理由

デメリットのご説明の前に、まずはホームページを持った方が良い理由として、一般的によく言われていることを簡単にご紹介します。

・サービス内容を伝えやすい
・安心感や信頼感を与えられる
・自分のファン層の分析ができる

ホームページを持つことで詳細な提供サービスを正しく伝え、「ちゃんとしたところだな」といった安心感や信頼感を与えられる。
さらに、訪れた人がどこからたどり着いたのか、どの情報が人気があるのか、などの分析が行える。

逆に言えば、ホームページを持っていないということは、これらのメリットのまったく反対の印象を与えてしまっているということです。

では、ホームページを持っていないことによるデメリットを上げてみましょう。

ホームページを持っていないことのデメリット

サービス内容や自身の想いを正しく伝えられない

前回「ホームページはSNSからの受け皿」という表現をしました。
SNSで「いま」の情報を発信し、興味を持ってくれた人を案内する先にあるのがホームページです。

案内する先のホームページがなければ、興味を持ってくれた人に詳細な内容や自身の想いをストレートに伝えることができません。

花を差し出す女性

仮にSNSの記事にサービス内容や提供価格を載せたとしても、SNSの情報はすぐに流れて消えてしまいます。
過去記事を一覧で確認することもできますが、バラバラに散らばった情報から探し出すのは手間がかかります。

プロフィールページに記載する方法もありますが、限られた少ない文字数で伝えられる情報はごくわずかです。

「いますぐレッスンの内容が見たい」
「サービスの詳細が知りたい」
「いくらぐらいか確認したい」

思ったときに欲しい情報が得られなければ、それだけ離れていく確率は上がります。

信頼感や誠意が感じられず不信感を与えてしまう

SNSや無料ブログの場合、お手軽に始められて情報発信ができる上に、コストもかかりません。
個人の趣味を伝えるのならばSNSだけでも問題ないと思いますが…。

例えば、ディナーのお店をWebで検索していたとします。
美味しそうな画像のリンク先をクリックすると、ホームページではなくfacebookが開いた…。
「いま」の情報ばかりで、探しているメニュー情報やお店の概要が探し出せない…。

facebookを見る女性

これは私もお店検索で経験したことがありますが、自身が提供するサービスをわかりやすく伝えようという誠意が伝わりません。

「ホームページはお金がかかるし、無料のfacebookでいっか。

探すのはちょっと大変だけど、写真も載ってるし、まぁ伝わるだろう」

実際にこのように考えているかどうかは定かではありませんが、少なくとも訪れた人から安心感や信頼感を得ることは難しいです。

「私はこういうことを、これだけの想いを持ってやっています!それを伝えたいんです!」という想いは、流れて消えてしまう情報から伝えるのはかなり難しいでしょう。

効果的な情報発信やアピールができない

ホームページを持っている場合は、アクセス分析ツール「GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)」を使ってアクセス解析を行うことができます。

・どの記事がもっとも読まれているのか
・どこからホームページにたどり着いたのか
・どの時間帯に訪問者が多いのか

これらの情報を解析することで、より効果的な情報発信やアピールが行えます。

カフェラテを持ってパソコンを見る女性

ただし、このグーグルアナリティクスは自身のホームページやブログサイトへのアクセスを分析するツールなので、facebookやインスタには使えません。

ただ闇雲に情報発信を行っても、その情報がちゃんと読まれているのか、思ったように伝わっているかが確認できなければ、より多くの時間と労力を必要としてしまいます。

まとめ

いかがでしたか?
ホームページを持っていないことについて、考えられる3つのデメリットをまとめると、

サービス内容や自身の想いを正しく伝えられない
信頼感や誠意が感じられず不信感を与えてしまう
効果的な情報発信やアピールができない

となります。

デメリットを減らして効果的に情報を発信していくためにも、是非ともホームページを持つことをおすすめいたします。